Thank you for coming !

ブログ

ホームページの設計図ってどんなもの?

2022.07.29

ホームページを制作する工程の1つに、ワイヤーフレームと呼ばれる設計図を作る段階があります。
(制作全体の流れはこちらから)

色・写真・イラストなど、装飾的要素を除いて、

  • コンテンツやリンクボタンの過不足
  • コンテンツの流れ(配置場所)
  • ユーザーの使い勝手

などを、デザイン前に確認することを目的に制作されます。

こちらは、ワイヤーフレームのイメージ図です。
(タイトルの文言は実際に掲載する内容が入ります。)

画像やイラストはグレーの図形で示されたシンプルな設計図です

制作する人によってはこのようなイメージ図ではなく、テキストベースで目次のような作り方をする場合もありますが、blooming mではクライアント様にできるだけ雰囲気をつかんでいただけるようイメージ図で制作しています。

「やっぱり写真や文章がないとよく分からない。」
そう思われる方もいらっしゃると思います。

たしかに、写真や文章が入るとリアリティーが増しますが、情報が増える分、本来この段階でしっかりと考えておかなければいけない事項に集中しづらくなります。
家を建てるとき、間取りを決めてからそれに合わせた壁紙や床材や設備を選ぶのと似ていますね。

始めの段階でしっかり構成を固め、ひとつひとつ着実に進めてまいりましょう。

お問い合わせ

  •  ホームページのご相談を希望される方へ

    何を聞いたらよいのか分からなくても大丈夫です。ホームページを作ろうと思ったきっかけ、運用する方の状況、ご予算などからお伺いします。お気軽にご相談ください。

    問い合わせる
  •  制作会社様へ

    業務委託や外注パートナーとしてコーダーをお探しのWeb制作会社様からのご依頼も承っております。お気軽にお問い合わせください。

    問い合わせる